帯同VISA/Oを就労VISA/Bに切り替える方法とは?

タイで再就職活動をしていたのですが思わぬ壁にぶち当たりました。。それがVISAの切り替え。

帯同VISA/Oを就労VISA/Bに切り替える方法とは?

結論:O VISAをB VISAに切り替えるためには一度第三国に出国する必要があり、国内での切り替えはできないそうです(2020年8月時点で企業人事部経由、関連組織に確認した情報)

そもそもVISAの切り替えなのになんで第三国に出国する必要があるの?と思いますが「今持っているVISAをキャンセルしてタイから出国、新規のVISAをタイ大使館(在第三国)で発行手続きをする必要がある。」からなのです。

タイのビザ情報については「国内でもできる、やったことがある」など色々な情報がネットに出ています。それを見るとますます混乱しますが「私自身の」整理は以下のとおりです。

”VISA発行に際し招聘状を発行する企業の歴史や政府との関わりによって”特例として”タイ国内で切り替えられた実例が過去にはある様子。

但し!結局はVISAの招聘状を発行する企業が「第三国に出てVISAを取得するしかない」と意思表示している場合はそれしか方法はない。”

じゃあシンガポールなり第三国に出てVISAの発行手続きをすればいい、と思いたくなりますが2020年8月時点での現実はそうはいきません。タイ政府は今コロナ以前のようにVISAを発行している状況にないからです。したがって日本からの駐在員さんがタイに来れない、帰任予定だった人が帰れないという状況が多発しています。

今O VISAで滞在している人は転職活動をしてもB VISA及びワークパーミットが取れないので内定保持のまま待機ということになってしまいます。じゃあいつから働けるの?悶々としてしまう日々ですが「自分の努力でなんともできない問題点」なのでむしろこの時間をどうしたら有効活用できるか考えて過ごしていきたいものです。

次回の記事ではその結果私が始めた「プログラミングスクール」について記事を書いていきたいと思います。

話が壮大になりますが、明石家さんまさんのいうとおり「生きてるだけで丸儲け」ですよね、生きているからこんな悩みも出るわけでもやもやしたらこの信念に立ち返って笑いながら過ごしていきたいと思います!

 

 

Sponsor