働く駐妻、タイで働くことを決めた理由

初めまして。タイで現地採用として働くことを決めた働く駐妻です。

このブログではタイに来るまでの手続き等は勿論のこと、タイ現地に住む方々向け、また旅行される方々向けの情報まで幅広くお伝えしていけたらと思っています。

想い

個人的な想いと致しましては今回私自身が感じたキャリア形成の壁を共有すること。その時にどのように行動したかをシェアすることで一人でも多くの方が働きたいのに働けない状況を打破することに繋がればと思っています。
「家族と共に過ごす」「働き続ける」何れかを選択することだけでなく育児も含め様々な理由からくすぶっている方々が場所を問わず多くいらっしゃるのではないでしょうか。今この時代だからこそ世の中の様々な「当たり前」を変えられるのではないかと思っています。

タイに来た理由

2017年現在、社会人5年目まで勤めていた総合商社を退職し2年別居していた旦那の駐在するバンコクに引越す決意をしました。決断の理由は「家族が共に過ごせる時間には限りがある、仕事はどこでもできるのではないか」ふとそう思ったことがきっかけでした。
同時に、自分の性格を鑑みて「何をするか決めてから現地入りしよう」そう決意もしました。
タイに行ってやることとして私が考えた主な選択肢は次の3つです。

 

1. 日本企業のタイ駐在員として働く
2. 現地採用として働く
3. MBAをとる為に大学に通う
次の記事では何故現地採用として働くことを選んだかについて書きたいと思います。
最後まで読み進めて頂きありがとうございます。
Sponsor