働く駐妻、雨のバンコク通勤事情。

バンコクに来てもう少しで3ヶ月となります。実は先日初めて「出勤日に雨が降る」という出来事が起こりました。バンコク通勤ビギナーなのでお伝えできることはわずかですが旅行の時にも役立つようにと意識して今回学んだことを書いてみたいと思います。

バンコクの雨季、乾季、暑季?

バンコクは「雨季(6月〜10月頃)」「乾季(11月〜2月頃)」「暑季(3月〜5月頃)」と3つの季節に分かれます。旅行するなら乾季がオススメです。リゾートホテルから出ない旅、であれば暑季もありかもしれません。雨季はほぼ毎日雨が降りますがシトシト降るわけではなく数時間思いっきり降っておしまいです。私も過去に11月に旅行したことがありますが毎日昼下がりに空が一気に暗くなってざっと降る感じでした。

バンコクで雨が降ってきたら?

・雷が聞こえたらすぐに建物の中へ非難しましょう、これは世界共通の安全策ですがタイでは年間10人前後の方が落雷により命を落とされています。

・雨の予感を感じた時点で逃げておきましょう、降り始めからMAXまで一瞬です。

・無理に移動しようとしないようにしましょう、すぐに冠水してしまうエリアもあるので足元が見えない中歩くのは危険です。

急いでいる時に雨が降ってきたら?

・渋滞に巻き込まれてしまったのはあなただけではないはずです。(焦らない)

・タクシーがこないときこそUberまたはGrabでの移動を試みましょう、タクシーも渋滞にはまってしまっています。

実際の一日

日記のようですが先日の様子を少し書いてみたいと思います。まず雷で起床し、停電の中朝食。5分ほどで復旧し雷も止み、家を出たときには雨が少し強い程度だったので安心して通勤の途へ。普段通り会社最寄駅へ到着するとなんと150Mほどタクシー待ちの列が出来ていました。。

バンコク中にはタクシーの台数は山ほどありますが冠水しているところもあり大渋滞となっていたのでタクシーが客を乗せたっきり帰ってこれないという状況です。

運よく6回目の挑戦でUberが捕まったもののなんと1時間半後の到着。。笑 ドライバーさんから屋内で待っていなさいと電話をもらったのでお言葉に甘えてコンビニのイートインへ非難しました。

日本であればなんとかして出社しようとしていた気がしますが、気持ちを切り替え安全策を取りました。会社についたのは家を出て3時間30分後でしたが(通常+3時間)早めに屋内に非難し読書していたので疲れはなし。出社してみるとほぼ全員遅れている状況でした。

タイは水はけが悪い?

今回のように雨が弱まっていても大量の雨が降った日は街のそこら中で冠水しています。雨の中裸足で歩くと落ちているものを踏む可能性もありますから、雨季に向けて悩んでいたレインブーツ、やはり仕入れようと決意した瞬間でした。

先生あのね、調になってしまいましたがこちらに来て自然の流れに身を任せることが以前より得意になりましたし、命がある限り物事何とかするしかないさ精神が磨かれた気がしています。タイへ移住をお考えの皆様、そんなメリットもあるかも知れません!笑

 

ブログランキング参加中、たくさんの方のブログが見れるので是非訪れて見られてください。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

Sponsor