駐妻の就労について

そもそも駐妻は現地採用で働けるのか

この点についてはご主人の会社によって変わる点だと思いますのでよくよくご確認ください。私の場合は夫の会社では「帯同家族でなくなるが現地就労そのものは許可している」状況でした。また私自身感じたことですが制度はおかしいと思えば伝えるべきだと思います。もちろん常識の範囲ですが時代の流れと共に日本の人事制度も変わる時に来ています。その行動がご自身の路を拓くと共に後に同じ疑問を持つ方の助けになります。

帯同家族でなくなることで夫の会社として帯同家族に用意している制度は基本的に全て使えないこととなりました。逆に帯同者に用意している制度について大まかに記載致しますと、

 

①現地での医療保険
②現地への移動関連費用
③現地での家賃補助
④家族帯同VISAの発行補助

 

別の記事に書かせて頂きたいと思いますが1番精神的にも大きかったのは保険がなくなることでした。それでもタイで働くことが必ず自分にとってプラスになると信じた時に「損金勘定と自分の信念のどちらを取るか」という言葉が頭に浮かび自分の信念に都度立ち返ったような気がします。
Sponsor