タイ転職で使えるエージェントまとめ

働き始めてすごく感じているのが、タイには駐在ではなく、現地採用で働く日本人がすごく増えているということです。

中には新卒から即現地採用で働く日本人もいます。一般にタイ現地採用の月給は5万バーツ(16万円)程度からスタートですが、経験によっては月給7−8万バーツ(22万〜26万円)、専門家・マネジメントであれば月給20万バーツ(65万円)の求人も存在しています。また経済成長中のタイでは毎年給料もベースアップしているので、契約更新時に給料アップとなることも大いにあります。

そんな中、タイ就職・転職に興味がある方向けにお勧めのエージェントをまとめてみました。

お勧め転職エージェント

1.RGF HR Agent(リクルートグループ)

こちらのRGF HR Agentはリクルートホールディングス の海外事業会社です。RGFはRecruit Global Familyからきているようです。タイ以外にもアジアの求人を紹介しています。紹介している職種も営業・経理・総務からエンジニアの仕事まで幅広くカバーされています。

Home Page: RGF HR Agent

2.JAC Recruitment

同社はハイクラスの転職紹介に重点を置いており、能力があり高い給与を目指す方にあってるサービスかもしれません。中には1000万円を超える求人案内も紹介されています。私はこのサービスを最終的に使わせて頂きました(そんなに高給な案件ではありませんが)。RGF HR Agenさんも同様に高いサービスでしたが、RGFさんで受けたものは落ち、最終的にJACさんで受けた案件で採用されたので、最終的にJACさんを使うという結果になりました。

Home Page: JAC Recruitment

3.DODA

同社は日本国内ではリクルートに次ぐ業界2位の大手転職エージェントになります。転職エージェントも人数が増えているようで、良い担当に当たればその人に合う案件を紹介してくれると思います。

Home Page: DODA

4.かもめアジア

ここ2−3年でよく話を聞くようになりましたが、アジアへの転職する方にはお勧めの転職サービスです。他の転職サイトには載っていない案件もあり、登録してオファーがあるのを待つのも一つの手かと思います。

Home Page:かもめアジア

各エージェント毎に取扱案件が違うので必ず同時に複数のエージェントを利用することをお勧めします。

タイ転職する際に考慮すべき事

 

交通費はタクシーもオッケー?

通常の交渉では給与で補填される交通費は公共交通機関(バス・BTS)しか含まれずタクシーの使用ができないこともあります。但し、実際にはタクシーを使わないと会社まで行けなかったりするので、タクシー又はUBERが交通費で清算できるかどうか事前に交渉するのも一つの手だと思います。タクシーも安いですが、毎日片道100バーツかかっていたら月で見ると4000〜5000バーツになってしまうので馬鹿になりません。

基本家賃手当はない?

駐在員は家賃手当がついてかなり良いコンドミニアムに住めるのに対して、現地採用は基本家賃手当はつきません。なので自分の給与の中から家賃を捻出しないといけません。

医療保険はどこまでカバーされているか?

通常タイの採用先でかけられる保険はサミティベート病院などタイで高級医療機関と言われる病院の医療費は適用できないケースが多いです。会社が提供する医療保険は自分の求める医療水準を満たすかどうかしっかり確認することが必要です。また日本語しか話せない場合、通訳のいる高級病院に行かざるを得ないケースもあるので、会社での保険提供が見込めないのであれば、1年で25万円くらいの保険に入るのも一つの手です。この場合、控除は何もないので完全に実費負担になってしまいますが、、、

働き方は自分の考えとあっているか?

実際に働いている現地採用の日本人がいるかどうかは一つのポイントになるかもしれません。もし自分が初めての現地採用の日本人だとすると給与体系は全く異なるのにも関わらず、日本の駐在員と同じ働き方を要求されるケースもあるようです。もし駐在員のような働き方が嫌な場合はすでに現地採用の日本人がいるような会社の方が良いのかもしれません。

タイへ引っ越しする資金はあるか?

タイへ引越しするにも様々な費用がかかってきます。交渉次第ですが、物件を借りる際には通常敷金2か月分を支払う必要がありますし、航空券代も少なくはありません。特に日本から荷物を多く持ってくる場合、航空サービスで超過料金を取られることも多いにしてあります。自分の引越し費用が賄える十分な資金を準備する必要があります。

最後に

皆様のタイ(アジア?)での転職活動が成立し、楽しく有意義なタイ生活を送れることを願っております。何か不明な点があればコメント下さい!精一杯回答いたします!

 

ブログランキング参加中、たくさんの方のブログが見れるので是非訪れてみてください。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

Sponsor