タイ職場日記(女子グループの話し合い)

雨季あるある、タクシーがつかまらず途方に暮れていたら通りすがった同僚が拾ってくれました。。それだけで今日1日がハッピー!

タイ職場日記

タイで働き始めて7ヶ月、日々色々なことが起こります。「タイで現地採用で働くことが実際どんな日々なのか?」少しでもイメージが湧けばと思い、日常の出来事を書いていきたいと思います。

出来事:タイ人女子3人のグループで起こった話し合い。

今職場では、私の部下という形で3人の女子(22-25歳)に電話でのマーケティングを担って貰っている状況です。うち2人はマーケ経験アリ、1人は初心者。

ある日からトイレに行くにも、休憩を取るにも2人と1人に分かれていることに気付いた私。なんと、日本の女子中学生みたいなことが職場で起こっているのか??と思い、タイ人女性同僚に相談。

どうやら初心者の子はスキルがない為、2人の経験者が日々教えるものの一向に成長の兆しがなく、経験者の2人は質問もしてこないのにミスをすることに少し呆れ、怒こっている様子。(ふーむ、双方の気持ちがわからなくはない、、)

タイは3ヶ月の試用期間があり、期間終了後に本契約を締結しないことはよくあること。諦めるのは簡単だけどまずはガス抜きをし、サポート体制を確立、双方に学びと教えの姿勢を確認してもらおうと決心。

早速朝から集合させて3人、同僚、私の5人でミーティング。本題に入り始めた際に不満が爆発した経験者が昨日のミスを問い詰め始める。。。早すぎて理解できないはずのタイ語なのに何故か会話のポイントが抑えられた私。こんなときの議論は万国共通なのね。と思いつつ聞く。

タイ人同僚がフォローに入る。「経験がなくてわからないことをわからないと言えなかったかもしれないけれど、誰でも最初はそうだよ。プレッシャーを感じる必要はない」と。泣き出す初心者ちゃん。。

本音をぶつけ合い、お互いのガス抜きは完了。解決策の話し合いまで無事進み「一緒にがんばっていきましょう」と姿勢を確認。今後の動きに注目ですが有意義な1時間でした。働けば働くほど、ビジネスでの重要なポイント、人間関係において重要なポイントは万国共通だなと思う日々です。

月曜日、どうか全員出社しますように。

 

ブログランキング参加中、たくさんの方のブログが見れるので是非訪れて見られてください。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

Sponsor