三連休にHuahin旅行!

12月10日はタイでは父の日の為祝日です。そこに合わせて日本から親友たちが来てくれたので国内旅行をしてきました。

フアヒンへ国内旅行!

フアヒンを選んだ理由

①バンコクから車で行ける

②リゾートホテルが充実している

③街がコンパクトで遊びやすい

行き方

バンコクから南へ200km、車で通常3時間ほど。ですが、今回は渋滞にはまってしまい5時間ほど掛かりました。タイの祝日は特に渋滞がひどいのでピークを避けてドライブすることをお勧めいたします。

宿泊先はアナンタラフアヒンリゾート!

今回はアナンタラフアヒンへ宿泊しました!

アナンタラシリーズはリゾートホテルとしてタイ国内にも多くありどこも綺麗、ある程度リーズナブル、対応は完璧、何よりホテル内の施設が充実しています!

アナンタラホテル内の施設

ホテルにはテニスコートがあり予約可、道具レンタル可能、利用料無料(18時以降ライトをつける場合には350バーツ/時間。

テニスコートの目の前には卓球台とジムがあり無料で使い放題です。

また14歳以下4人まで同時に遊べるトランポリン、バトミントン、バレーボール、ハンモックもあります!

海辺にはソファが用意されていてキッズスペースも充実。ご家族で来ても飽きることなく過ごせると思います!

ホテル内のプール

なんといってもリゾートホテルといえばプールですよね、プールサイドにはバーもあり席数も多いのでゆったりとくつろげます。

ホテル内には多くの宿泊客の方がいましたが様々な選択肢があるので順番待ちをするようなこともなく快適に過ごせました。

アナンタラのモーニングビュッフェ

和食を除いて充実したラインナップ。特にジュースの種類、果物の種類も豊富です!(マンゴーはラインナップにありませんが100バーツ払うと注文することもできます)

6:30-10:30までと時間が長いこともポイントですね!

ホテル内のレストラン

イタリアン、タイ料理があります。今回はイタリアンに行ったのでそちらを詳しく書いてみたいと思います。

運動しすぎて疲れた我々一行は軽くイタリアンで食べよう!となりました。やはりお値段は張りますが美味しいですし外でイタリアン食べるのと比較するとさほど値段は変わりません。

お通しにスイカのカッテージチーズ和え、和牛のカルパッチョ、シーザーサラダ(ドレッシングは別でオーダーしています)、野菜スープチーズのピザ

ちょっとしたコツ

タイは酒税がべらぼうに高くなんと400パーセントなのです。ワインなどは輸入ものばかりなので美味しいものを飲もうとするとそれだけでお高くなります。従い外で買ってレストランへ持ち込むのがオススメ。

だいたい500バーツの持ち込み料を取られてしまいますがそんなときはお店のものを一本頼むから持ち込み料無しにして?と聞いてみると意外と対応してくれたりします。

我々もスパークリングを1本頼んで4にんでおなかいっぱい食べて6,000バーツほどでした。

すっかりアナンタラフアヒンの宣伝となりましたが本当に充実したホテル、暖かい雰囲気のいいリゾートホテルだと思います。

次はフアヒンの街へ繰り出した時の様子を書きたいと思います。

Sponsor