タイからインドネシアへ②(現地旅行編)

タイにいる間に東南アジアの他の国々も見てみたい!そんなわけで訪れたインドネシア、ジャカルタ。タイとの違いを楽しみながら過ごしたあっという間の2日間でした。

インドネシア在住者にジャカルタを案内してもらう弾丸旅!

土曜日のお昼にジャカルタ着、日曜日のお昼ジャカルタ発と現地滞在時間はほぼ1日でしたが大変充実した時間を過ごすことができました。今日はその旅内容を書いてみたいとお思います。
まずは合流してジャカルタ旧市街地「コタトゥア」(インドネシア語で「古き街」)へ。こちらの街はオランダ植民地時代の名残を感じることができるコロニアル建築群が残されています。まずはコタトゥアの中心地にあるファタヒラ広場へ連れて行ってもらいました。
 
その広場を見渡せるCAFE BATAVIAでのランチ。

天井が高く開放感のあるお店の内装も素敵でした。普段生野菜を食べる機会が減ってしまった私たちはサラダ、オランダ風ミートボール、aglio olioをオーダー。どれも美味しかったです。
お店で2時間ほどお喋りした後に広場へ繰り出してみました。自転車を借りて散策!観光客用かと思いきやかなり現地に方々も広場中を乗り回して楽しんでいらっしゃいました。
日本語を勉強している現地の中学生集団が話しかけてくれたり、現地の方々とおしゃべりもしながら楽しい時間。
それからショッピングモール、地下にあるスーパーを見に行きました。コーヒーが有名とのことでインドネシア産チョコとコーヒーをお土産に購入。タイと比較して乳製品が高かったり、ヤクルトが売っていなかったりと様々違いを発見。ちなみに購入したチョコレートとても美味しくてもっと買っておけばよかったと少し後悔。。
次は有名なスパへ。

こちらは現地の女優さんも通われる昨年一位を取ったスパ。1時間のオイルマッサージをお願いし約2,400円程でした。タイとですと複数でマッサージに訪れた場合一室に通されることが多いですがこちらでは一人一人個室でのマッサージでした。アロマの香りとマッサージに癒されあっという間の時間。。男性の来店者も結構いらっしゃいましたがみなさんリピーターなのかお肌が綺麗なのをすれ違いざまに凝視しました。
いい感じにお腹も空き夕食へ、店内でインドネシアの踊りも楽しませてもらえる場所でした。
マッシュルームのスープ、お豆腐とキノコの麻婆豆腐のようなもの、インドネシア版焼鳥サティ、念願のナシゴレン。飲み物はビンタンビールのレモン味とグレープフルーツ味を頂きました。特にレモンがさっぱりしていて美味しい!でも東南アジアのビールは一律さっぱり薄めだと確信。

最後の締めくくりにインドネシアのルーフトップバーへ。

お昼のジャカルタとは全く違った雰囲気で夜景とお酒を楽しみました。

その後ホテルPan pacificへ、滞在時間は僅かでしたが朝ごはんのビュッフェの種類も充実していて大満足です。宿泊費は1人5,200円でした。
翌朝は朝ごはんを食べてゆっくりインドネシア語のドラえもんを見たりおしゃべりしてチェックアウト。あっという間の時間でしたが大満喫の最高のプランでした!インドネシアは宗教の関係もありタイ以上に外国に来たことを実感出来る空間だったように思います。広場は地元の人の活気で溢れ笑い声が響くとても明るい国でした!
インドネシアの弾丸旅をされる方、是非参考にされてください!
Sponsor