タイへ乳幼児を連れて行く、フライトの予約方法

  • 16/12/2018
  • 01/02/2020
  • TRIP

着々とタイ行きの準備を進めている中で私の一番の不安材料、フライト。チャイルドシートでもグズグズする時があるのに爆音の飛行機、どうなることやら。今回記念すべき初フライトの予約で学んだことを書いていきたいと思います。

乳幼児の国際線フライト予約

国内線は使ったことがないので未知です。

席:2歳以下なので席の予約は行いません。(予約したい場合はできます)

バシネット:たまに見かける赤ちゃん用のベッドを予約します。

食事、オムツ:特別食の有無やオムツの有無を聞かれました。

今ふとオムツ、何処で変えるんだろう。と思い取り急ぎANAのサイトを見てみました。さすが日本のエアライン、充実度がすごいです。。ミルクも作ってもらえてオムツもおむつ交換台付き化粧室が機内にあり、オムツも機内に少しあるなんて。

タイ航空、乳幼児連れフライトについて

タイ行きなのでタイ航空も見てみます。こちらにはミルク、ベビーベットの記載はありますがオムツ、おむつ交換台については記載がありませんでした。この辺りは実際に乗ってみて追って書いていきたいと思います。(そんなことよりおむつ交換台なかったらどこで変えるんだろう笑)

機内での授乳、席の確保

機内で知らない方の隣で授乳するのちょっと気がひけるな、、でもトイレもな、、色々なことを思っていましたが今回は主人と隣の席に乗るよう手配をしてその心配は軽減できそうです。ここで初めて知ったのですがバシネット席は乳幼児連れの方のために航空会社がブロックしているのでネットから予約はできず航空会社に依頼をしてブロックを解除してもらう必要があるそうです。(そりゃそうか)

気圧で急に母乳が出なくなったりするのかな?とかとにかくあらゆることを考えて準備だけは進めていこうと思います。でもすでに対策が見つからない問題点がひとつ。子供の大好きなおもちゃは音がなるハチさんなのですがこれ、機内で鳴らしまくったらさすがに怒られるよな。。笑 赤ちゃんの泣き声は許してくれるとして、泣き声をとめるための鈴の音はギリギリラインな気がしています。音が鳴らないお気に入りグッズを渡航までに見つけよう。

 

ブログランキング参加中、たくさんの方のブログが見れるので是非訪れて見られてください。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

Sponsor