タイ語学校再開、、Part2

前回どちらのタイ語教室に通うか悩んでいました。結局NISA THAI LANGUAGE SCHOOLへお世話になることにしました。

エカマイのNISA THAI LANGUAGE SCHOOLに入校!

こちらの語学学校に決めた理由は大きく以下3つです。

①タイ語のSpeakingと並行してReadingの勉強をしたかったから

②プライベートレッスンの割には英語でタイ語を学ぶため格安だったから

③駅から近く便利だから

料金について

受講時間数により変動しますが私が選択した50時間は21,800バーツです。日本語で教えてくれる語学学校は30時間で21,000バーツでしたので大きな差があります。

しかもなんと年末まで限定でレッスン料5%オフのキャンペーンをやっていました。教科書費用はSpeakingとReading全4冊で800バーツでした。

NISA THAI LANGUAGE SCHOOLの場所

こちらの語学学校は珍しく近距離に2か所あります。1つはエカマイ駅直結のGateway3階になります。

もう1か所はGatewayから道を挟んだ向かいにあります。どちらに通ってもいいので私はGatewayを選択しました。ただGatewayが空いていない時間のレッスンになった場合にはもう1か所で受講することとなります。

英語でタイ語を学ぶって実際どうなの?

今日は初日のレッスン、英語でタイ語を学ぶってどんなもんだろうと思いましたが歴史ある語学学校の先生とだけあって英語もお上手です。ただし個人的には「ある程度(30時間ほど)日本語でタイ語を学んだ後に行くこと」とオススメします。微妙なニュアンスやタイ語の基本は確実にマスターした方がいいと思うので最初は母国語の方が間違いないかなと思いました。

Speakingの進め方

学校独自の教科書に沿って進めていきます。読み進めながら都度例文を作ってくれたり、習った文法で質問をされながら会話をしつつ習っていきました。他の語学学校にも通ったことがありますが大差ない進め方です。

Readingの進め方

2時間のレッスンの中1時間をSpeakingに残り1時間をReadingに充てています。

こちらも学校の教科書を使いながら基本原則を習いその後は書く練習、反復、質問を繰り返しました。こちらは自分で覚えるしかない部分も多いのですがやはり教えてもらうと頭に入るスピードが速いです。宿題もしっかり出て今日の授業は終了となりました。

初日を終えた感想

先生も明るくていい方でしたし教室の雰囲気全体もとても明るかったです。サラリーマンと思われる方々がプライベートレッスンを受けられているのもお見かけしました。限られた50時間でタイ語が読めるようになりたいものです。

Sponsor