子連れ(1歳児)と上海ディズニーに行ってきた!

上海で過ごす1日目はディズニーランドへ!

1歳児と上海ディズニーに行ってきた!

子連れディズニー旅行記はたくさんありましたが今回は1歳児(歩けない、抱っこのみ)との上海ディズニーの様子をレポートしたいと思います。日本のディズニーでも始まったそうですがこちらはファストパスなど全てアプリで手配します。

子連れ上海ディズニーの持ち物、準備!

チケットの手配:ネットで購入

ネットで購入した画面を入場ゲートのところで見せるとQRコード付きのチケットを発券してもらうことができます。このチケットにあるQRコードをアプリに読み込むとファストパスが取れるようになります。なお複数人で行く時には1人のアプリに全員のチケットを紐づけておくと一気にファストパスが取れます!

子供の食事:なんと飲食物持ち込み可能なので離乳食は忘れず持ち込みましょう。

ウエットティッシュなど衛生用品:乾いた紙はありますがウエットティッシュなどはないので持参必須ですね。

お菓子やおにぎりなど:今回は全くと言っていいほど並びませんでしたが結構待ち時間にぐずぐずしてしまうこともあると思うのでさっと渡せるお菓子などがあると便利でした。

上海ディズニーでベビーカーをレンタルしようとしたらできなかった!

ベビーカーは入場して左手にあるセンターで借りれます。台数も結構あったので午前中の早めの時間に入場した私たちは台数の心配をする必要はありませんでした。しかし!かなり大ぶりなベビーカーということもあり1歳児は貸してもらえませんでした。というわけで抱っこ紐でぱーく中をお散歩! 早く歩かないかなと思った瞬間でした。笑

1歳児との子連れディズニーで乗ったもの

アプリを見ると身長制限があるものは記載されているので実際に行って確認しなくても大丈夫!
今回乗ったのはピーターパン、プーさんのハニーハント、スリンキードックスピン、ミートミッキー、ミートプーさん(こんな言い方するのかしら)です!スリンキードックスピンは子供が一人で座ることが必須条件になるのですが大人に合わせて安全バーが止まってしまうので子供には少しスペースができ、、それが不安だったのか怖かったのか我が子は泣いてしまい、ジェットコースターが止まってしまったので途中でリタイアしました、、!
ディズニーランドは子供が寝ていると乗れない!
実はスリンキードックで前に並んでいた推定5歳の男の子、乗る直前に寝てしまったのですが起きてないと寝れないと告げられたご両親は男の子を”おい!おきろ!!”と揺さぶり、起きないので立たせようとしたのですがそれでも起きず無念のリタイアをしていました。
周りはほんわか笑っていたのですがその後に乗ろうとした遊覧船で同じ現象に陥ったのは我が子。笑 無念のリタイアをしました!

上海ディズニーでたべたもの

赤ちゃんが食べられるものは園内に売ってませんでしたがレストランはベビーチェアがあります。今回はこちらでバーガーのセットとチキンナゲットのセットを注文、子供は離乳食を持参しました!飲み物は紅茶、でも基本的に甘いので要注意!

上海ディズニーのお土産

あまり他の国の作りと変わらず外のイクスピアリ的なところに大きな店舗が1つ、中に入場してからアトラクションまでに複数、それぞれのアトラクションの場所に小さなショップがあるという感じです。
耳やアパレルを買うならイクスピアリ的なところが見やすいかな、そしてラインナップも一緒だったので中に入るまで我慢すればよかったー!!みたいなことにはならないはず。

国慶節明けの上海ディズニーの混み具合

中国のおやすみといえば10月の国慶節。今回はこの休み明けに行ったのですがかなり空いてました。ミートミッキーは5分待ちをはじめとしてソアリンが45分待ち、これが最大でした。カリブの海賊が途中で中止になってしまったこともありソアリンに人が集中した模様。パレードの間はプーさんもピーターパンも5分待ち、かなりストレスフリーに満喫できました!

上海ディズニーのおもてなし

東京ディズニーリゾートはキャストの方々のおもてなしが世界的にも素晴らしいことは重々承知していますがディズニーランドなのでどこか同じクオリティを期待していました笑 そういう意味で行くとかなり塩対応だった気はしますがもちろん嫌な思いをすることはなく対応してもらいました!

上海ディズニーのまとめ

ベビーカーを借りたければお子さんのサイズに注意、飲食は持ち込もう!あとはファストパスをうまく利用しながら回ろう!ってところですかね!とても楽しかったです!
Sponsor