サムイの子連れ旅、アナンタラ宿泊記

4月はタイの長期休暇、ソンクラン!子連れで旅するとなると行き先も宿泊先もかなり悩みますよね。今回はサムイ島のアナンタラに宿泊した際のことを振り返りたいと思います!

サムイ島、子連れ旅レポート

バンコクからは離れたい、長時間移動は避けたい、空気のきれいなところに行きたい、ゆっくりしたい、、サムイ島だわ!と旅行先を決めました。サムイ島はスワンナプーム空港から国内線で1時間、空気もきれいで満天の星空が見られる静かな島です。

サムイ島、子連れ旅宿泊先はアナンタラ、ラワナリゾート!

子連れ旅ということで宿泊先の主な条件は以下でした。

  • 空港から近い
  • 子連れに優しい
  • 病院が近い
  • 周辺にショッピングモールがある(または子連れで飲食可能な場所がある)
  • マッサージ屋さんが近い

これらの条件を満たしてくれるのがアナンタラ、ラワナリゾートでした!

空港からの距離は車で5分、サムイ島はGrabの初乗りが300THBとお高めなので事前にホテルに車の送迎を予約しました。アナンタラ系列は子連れに優しく、今回の宿泊先はキッズルームこそありませんがプールはキッズゾーンがあります。バンコク病院サムイ島まで車で10分、セントラルショッピングモールやチャウエンビーチまで車で5分、その辺りまで行けばマッサージ屋さんもたくさんあります。車で3分ほど行ったところには有名なイタリアンレストランやマッサージ屋の並ぶエリアがあり、「ホテルで過ごしたいけどちょっと外にも出かけたい」そんな子連れ旅に最適だと思いました!

アナンタラ、ラワナリゾートの様子

今回のお部屋は一番グレードの低いお部屋、プールなしです。事前にベビーベットの予約とロビー(ホテルの入り口)から近めのお部屋をお願いしておきました。施設内がかなり広いですが部屋からビーチまで、プールまでなどホテル内の移動はリゾート内カーを電話で呼んで、乗って移動が可能です。

お部屋はベッドルームとシャワールームの二つ、それに加えてテラスソファエリアがあります。こちらはファン、ライト、カーテンもあるので子供が早く寝る月齢の場合、大人がここでご飯を食べることができました。(これがめちゃくちゃ良かった!!)

お風呂はシャワーと湯船、お湯、水をひねった時の反応が早くて水温調整がしやすかった!(これ以外と重要)

プールは25M弱かな、長方形の形で広くはないです。キッズゾーンは水深が浅く、プール内で大人のエリアと繋がっているタイプです。ビーチ沿いのソファ席がとても多くて大人はこちらで楽しんでいる人が多く見られました。その分プールはあまり混んでいませんでした!

朝食会場はプールの前、屋内席はないので朝早く行かないと暑かったですが、食事に関しては種類が豊富で美味しくて満足!もちろんキッズチェアもあります。(生後6か月くらいから座れるもの)

アナンタラ、ラワナリゾートの周辺施設

今回実は車で10分ほどの場所にあるバンコク病院(サムイ)にお世話になりました。小児科は20分ほど待ち、先生も看護士さんも優しく丁寧な対応で大満足でした。アナンタラからバンコク病院へ向かう途中にチャウエンビーチを通るのですがそこにはCentral Worldもあり便利でした!

アナンタラといえばスパ!ここはお部屋での施術も可能!、、なんですが一番お安いコースでもびっくりするお値段だったので今回はホテルから車で5分ほどのローカルマッサージ店(1時間200THB)へ行きました笑

サムイ島のおすすめイタリアン「PREGO」

これまたアナンタラからすぐ、今回行ったマッサージ店から徒歩2分のイタリアン、「PREGO」に行ってきました。店内は壁なしの風を感じられるエリア、奥に進むと冷房の効いたソファ席のエリアがあります。キッズメニューあり、ベビーチェアあり、オムツ交換台は無しです。サラダ、ピザ、エビのスープを頼みましたがどれもあっというまにテーブルに来て、とても美味しかった!

サムイ島は3回目の訪問ですが女子旅にも家族旅行にも向いているなんて最高な島なんだと確信しました!

 

ブログランキング参加中、たくさんの方のブログが見れるので是非訪れて見られてください。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ にほんブログ村

Sponsor