タイ株CPグループの通信会社TRUEの業績は!?

火曜日がタイの休日で久しぶりに休日らしい休日、つまり何もせずゴロゴロして過ごしました〜、働く駐妻です。昨日はCPALL社(タイのセブンイレブン)について書きましたが、今日は同じCPグループの通信会社であるTRUE社についてまとめました。

CPグループの通信会社TRUE

TRUEは1990年に設立した通信会社で業界第1位のAISと同様に携帯電話・ブロードバンド通信のサービスを行う企業になります。以前はAIS,DTACに次ぐ3番手というイメージでしたが、近年は2番手まで追い上げてきている勢いのある会社です。

以前はそこまで期待されていなかったTRUE株ですが、近年はCPグループのコネクションを使い、顧客の利便性をあげています。例えば、昨日紹介したCPALL社が運営するセブンイレブンと連携しプリペイド携帯の利便性をあげてきました。

財務データ

データを見るとまだまだ良いとは言えない状況ですが、近年の携帯電話シェア上昇基調を鑑みると将来性には期待できます。さらに株価水準は4年前から比べると約半分の水準になっているにもかかわらず、EPSは変わっていない、ということを考えると、この先利益が増えてきた時には「割安だった」と言える銘柄になっているかもしれません。ちょっとギャンブルですが。

15年から16年にかけて負債の額がどんと大きくなっていますが、これは15年末に4G通信帯の入札に同社が参加し、通信帯を獲得したことが原因です。同社は397億9千万バーツで獲得した模様で、支払のために負債が膨らんでしまっています。

参考ニュース:https://newspicks.com/news/1249903/body/

週足株価

同業他社のAIS株はかなり高い水準に上がってしまっているので、もはや今から入りづらい株になっていることを考えるとTRUE株はまだまだ今から仕込めそうです。株を見るとずっと7バーツあたりでへばりついていますね。

ブログランキング参加中、たくさんの方のブログが見れるので是非訪れて見られてください。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

Sponsor