タイ株エネルギー関連BANPU社 資源価格高騰で業績回復なるか!?

ここ最近世界的に株価が調整局面に入ってきている感じがしますね。下がった時に仕込めるよう今日もタイ銘柄勉強してます、働く駐妻です。今日は以前も紹介したエネルギー銘柄!

BANPU : BANPU PUBLIC COMPANY LIMITED

Banpu社は元々タイで石炭の採掘事業を行っている企業ですが、タイ、インドネシア、中国、オーストラリア、ラオス、モンゴル、シンガポール、日本、米国等の海外でも積極的に石炭採掘、発電、代替エネルギー分野で事業を展開している企業です。2015年には資源価格が下落したため、一旦赤字に転落していますが、16年に黒字転換した後、ROAは8%程度まで回復してきています。

ここまで利益水準は回復して推移してきていましたが、18年3月7日にラオス北西部Xaignabouri県のHongsa石炭火力発電所の事業権を巡る訴訟で、タイ最高裁判所から損害賠償(15億バーツ)を命じられ、15億バーツと2007年7月からの利子を含めた賠償金を支払うこととなりました。利子は金利7.5%となるので、賠償総額は約25億バーツ(約80億円)とかなり高額です。

参考ニュース:JOGMEG

財務データ

この訴訟問題もあり、2018年1−3月期の収益は▲12億6千バーツとなってしまっています。

収益内訳

収益の中身としては石炭の販売が前年同期比と比較すると9.7%減となっていますが、電力・ガスの同社が新たに力を入れている分野においては営業利益増となっています。とはいえ利益のほとんどは石炭から得ているため、今後も石炭価格に収益が影響を受けると思われます。

週足株価

不正による損害賠償の支払いの命令があった3月には少し株価が下がっていますが、現在は下がる前の水準程度まで回復してきています。この損害賠償についてはある程度織り込まれていたのだと思います。

ホームーページ:BANPU

以前もエネルギー関連銘柄まとめていますので、こちらもご参考にどうぞ

タイ株サマリー 電力関連

ブログランキング参加中、たくさんの方のブログが見れるので是非訪れて見られてください。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

Sponsor