タイ株AIS ここ4年業績は横ばい

タイ株の中では高配当株で有名なAIS社株ですが、ここ4年間の業績を見ると横ばいで推移していることがわかります。競合TRUE社からの追い上げられる状況ですが、今後の業績はどうなっていくのでしょうか。

ADVANCED INFO SERVICE PUBLIC COMPANY LIMITED(ADVANC )

通称AISの名称でタイの中では呼ばれているタイNo.1の通信会社。シンガポールの通信大手Singtel社が約23%出資しております。主な事業は携帯通信・ブロードバンド通信、クラウドサービス等です。

配当はどのくらい?

同社は高配当で有名で2010年の配当率は14.9%と驚異的な数字となっています。しかしながらそれをピークにして配当率は年々縮小傾向。それでもまだ4%の配当を続けています。

︎携帯電話契約数

17年1Qからの推移ですが、プリペイド式と後払い式の契約件数合計では5,500件の減となっています。しかしながらまだまだタイの中では圧倒的な契約数1位のポジションをキープしています。

財務データ

タイ通信会社の財務データの特徴として15年以降負債の額が増え、総資産が急増しています。これは15年頃に4G周波数帯の入札が実施され、かなりの高額で落札されていることが背景にあります。当時のニュースはこちら。この影響で14年と比較すると負債は約3倍に膨れ上がっています。一方で、収益はそこまで増えず、14年比減となっており、大規模な負債が収益を圧迫しているとみられます。競合環境が激化している中、今後の業績に注目です。

週足株価

株価は2013年7月につけた311THBをピークにして下がってきている状況ですが、足元はじわりじわりと上昇傾向ですね。

ブログランキング参加中、たくさんの方のブログが見れるので是非訪れて見られてください。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

Sponsor