タイ株サマリー メディカル関連

最近米ドルの金利が上がってきている話が市場で意識されていますが、地球の裏側アルゼンチンではその影響もあるのかどうなのか金利がなんと年40%になっているみたいですね。2週間前くらいにニュースになってました。この動きがタイにも来たら少し恐ろしいなと思いますが、それでタイ株が下がれば逆に投資するチャンスかもしれませんね。それまでしぶとく待ちの姿勢。。。久々にタイ株をまとめていきます!今日はメディカル関連、病院系銘柄です。

タイ株サマリー メディカル関連

本日タイの大病院3銘柄紹介しますが、どの銘柄も高いROAが特徴となっています。

BANGKOK DUSIT MEDICAL SERVICES PUBLIC COMPANY LIMITED(BDMS)

BDMSは全国に全21箇所あるバンコク病院やバンコクの日本人が行く機会が多いサミティベート病院等を経営している病院グループです。18年3月末の時点で45拠点の病院を運営しています。

年々成長しており、17年と14年を比較すると総資産は1.31倍、純利益も1.38倍と資産を増やしながらも効率よく収益を上げています。実際に病院に行ったことがりますが、内装も含めかなり高級感が溢れる病院になっております。タイ人にとっては料金が高いのでなかなか普通の方がいける病院ではないですが、タイに在住している外国人にとって信頼感が高い病院で、使用している方も多いと思います。

ホームページ:https://www.bangkokhospital.com/index.php/en/investor_relation

SAMITIVEJ PUBLIC COMPANY LIMITED(SVH)

サミティベート病院はタイで1979年に設立した先端医療機関です。タイに在住している日本人の方であればスクンビット49にあるこの病院に行かれたこともあるのではないでしょうか。私も何回かお世話になっておりますが、対応もしっかりしており、安心して診断を受けられます。現在は8つの病院を運営しており、先ほど紹介したBDMSグループの一部となっております。

BDSグループ全体と比べるとこちらの方がROAの比率はかなり高くなっていますね。病院に行ってみると、日本人、欧米人が多いため、患者一人あたりの単価を多く取れていることが、高収益の要因かもしれません。

ホームページ:サミティベート病院

BUMRUNGRAD HOSPITAL PUBLIC COMPANY LIMITED(BH)

バムルンラード病院は1980年に設立された先端医療機関です。病院以外にも美容専門の機関を運営しており、タイ全土で30以上の施設を運営しております。
 主にはバムルンラード病院・VITALIFE WELLNESS CENTER・UB Songdo Hospitalを運営しています。
こちらの銘柄もかなり高い ROAを叩き出しています。

 

Sponsor