タイ株CPNは業績堅調も株価は調整局面!?

以前より様々な企業のまとめをあげてきていましたが、1−3月期の情報がアップデートされているので、少しずつアップデートしていきたいと思います。本日は百貨店大手のCENTRALから。

CENTRAL PATTANA PUBLIC COMPANY LIMITED(CPN)

タイでは言わずと知れた百貨店の大手です。全国にセントラルというブランドで32店舗の大型百貨店を展開しています。その他にもオフィス経営やヒルトンパタヤ・センタラホテル等のホテルも経営しています。

18年1−3月の純利益は28億2千万バーツと前年同期比2%増(前年同期27億7千万バーツ)となりました。引き続き順調に収益が拡大しています。

同グループは引き続き不動産開発・ショッピングモール運営に力を入れていく予定で19年にはスワンナプーム空港の近くにCentral Villageをオープンする予定となっています。最近空港に行く前の道で開発されているなと思っていましたが、この施設であったことがようやくわかりました。タイへの旅行者が増える中この施設が完成すれば、帰る前にこの施設でショッピングして帰国するという定番ルートになるかもしれませんね。

財務データまとめ

ひとつ気がついたのですが、17年と14年のデータを比較して株価の上昇率とEPSの上昇率がほぼ一致していますね。当たり前かもしれませんが。。。しかしこの4年の間に借金は20%しか増えていないにもかかわらず、純資産は50%の上昇とかなり優秀な成績を叩き出していますね。

週足株価

一方で株価は昨年クリスマスに87THBを天井として調整している局面となっています。もう少し割安になった時に仕込みたいですね。

セントラルHP:

セントラル詳細データ:SETデータ(CPN)

以前小売系企業まとめ記事を書いていますので、興味のある方はこちらから

ブログランキング参加中、たくさんの方のブログが見れるので是非訪れてみてください。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

Sponsor