新生児(赤ちゃん)のパスポート申請

海外から里帰り出産すると、赤ちゃんと再度滞在国に戻る準備が必要です。その始まりである「パスポート申請」について振り返ります。何が大変だったかって、寝ている(爆睡)赤ちゃんを起こしてカメラ目線の写真を撮ることです。笑

赤ちゃんのパスポート申請

こちらの外務省のページと、申請する県のページを並行して見ながら進めることをお勧めします。

必要書類一覧(私が持参したもの)

  1. 申請書(自宅で作成するとスムーズ)
  2. 戸籍謄本または抄本1通
  3. 写真(自宅でも撮れますが安全を見てパスポートセンターにある写真館で撮りました)
  4. 赤ちゃんの保険証と医療証(写真付き身分証明書がなかったのでこの二つで進めました)
  5. 母親の身分証明書(運転免許証)

1. 申請書は外務省のページをダウンロードして自宅で作成、印刷していきました。注意点も細かく書いてあるのでそれに沿って作成すればスムーズです。

3. 写真を家で撮っていこうかなーとか悩んだのですが写真館で撮って正解でした。やはりパスポート写真なのでパスポートセンターに付随する写真館の方々にお任せすれば間違いない、かつスピーディ。爆睡する赤ちゃんを無理やり起こしてなんとかカメラ目線(カメラさんが動きまくり)の一枚が撮れました。

4. 健康保険証はスムーズに手に入ったのですが子ども医療証については手続開始が遅かったので早く揃えることができず、こちらの手配が完了してからパスポートの申請ができる状況でした。

申請には赤ちゃんを連れて行く必要はないので写真を自宅でとるか、写真館で撮るか迷う方がいると思いますが私は写真館で撮ってよかったと思いました。一番空いている時間を事前に確認して、平日朝一を狙っていったところ時間もさほど掛からなかったので赤ちゃん側の負担も最小限にできたかなと。またパスポートセンターには授乳室も完備されていて外出になれない新人母にも優しい施設でした。(県によるかもしれませんが。。)

 

ブログランキング参加中、たくさんの方のブログが見れるので是非訪れて見られてください。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

Sponsor