約1か月、タイ語をオンラインで受講して感じたこと。

コロナの影響を受けて、もともと自宅で受けていたタイ語レッスンをLINE VIDEO CHATに変更しました。そこから1か月以上経ち、感じることを書いておきたいと思います。

結論から言うと、私の場合は「オンラインは雑談が減り、かなり濃密なレッスンになる」でした!

約1か月、タイ語をオンラインで受講して感じたこと。

オンライン受講の方法は?

正式な「オンライン教室」ではないのでLINEのビデオチャットで教科書を写しながらレッスンを進めていっています。(手は疲れる)先生側は常に顔が写っている状態ですので携帯を固定しているようでさほど支障はないとのこと。

オンライン受講にして起こった変化

「雑談が減った」:LINEのビデオチャットということもあり教科書を手元で写しながらレッスンを進めていくので手が疲れます。笑 そして子供がぐずぐずした時に状況が先方には分かり辛いのでとにかく機嫌のいいうちに集中して終えたいという気持ちが強く、かなり集中した濃密なレッスンとなっています。

雑談そのものは語学を学ぶ上で重要な一つなので必ずしもメリットではないですがレッスンが終わった時の疲労感は以前の1.2倍。笑

「スケジューリングがより柔軟になった」先生側も家族との時間が多く取れるようになったし、急な用事が出来た時もお互いに調整がしやすい。

タイ語のレッスン、教室通い、自宅受講、オンラインどれがお勧め?

タイ語を始めて学ぶ場合は対面でのレッスンを強くオススメします。発音が日本語にないものばかりなので先生の口を近くで見て、何度も発音練習をすることが重要だと思うからです。

教室通いにするか自宅受講にするかはご自身の語学を学ぶ時の好みと、時には自宅受講で発生する追加の交通費が高い場合があるので料金面との兼ね合いですね。

もともと私自身が自宅でのレッスンを選択した理由は一つ、「子供が家にいるから」。場所を変えたほうがより勉強に集中できたりしますし、気分転換にも教室に通うのはいい方法だと思います。ただし我が家の場合は子連れで移動する手間が面倒なのと、そもそも子供が狭い個室で大人しく出来る月齢ではないので自宅レッスンを選択。

子供が生まれる前は教室に通っていましたがそれはそれで教室の作りや飲み物のチョイスなんかもタイっぽくてタイの方々の普段の生活が垣間見えるので好きでしたしオススメです。(教室は常に極寒だったのでパーカーで過ごしてました笑)

コロナが収束してタイ語教室が再開、状況が落ち着いていたらまた自宅受講に戻したいなーと思っている次第。先生に聞いてみたら「外に出て過ごす方が好き」なタイプの方だったので俄然自宅学習希望されていました笑

私が先生だったらオンラインがいい、っていうなと思った火曜日の午後。

 

Sponsor