タイで物を紛失、警察で盗難証明書を発行してもらうまで。

タイで落し物、盗難にあった場合、証明書を発行してもらおう!

タイでは残念ながら盗難事件がまだ多くあります。自分が置いてしまっていて持って行かれた、、、ならまだ納得できるかもしれませんが、先日タイ語の先生から聞いたのは、家の近くのマーケットが混雑しているときのこと。先生が家に帰ると鞄がカッターのようなもので切られていて、中身を漁られた後だったそうです。幸いにもチャック付きの内ポケットに入れていたので財布には被害がなかったそうですが。

また今回警察に行った際には、旅行客の方が「BTSに乗っていたらリュックを開けられていて中身を取られた」との被害で警察署に相談に来ていました。旅行客がリュックを背中に持つのは危険ですね。但し、そういった事件に遭遇した際には、海外旅行保険を使って保険会社に費用請求することが出来る場合があります。

バンコクにある(トンロー)警察の場所

持ち物

パスポートだけ必須です。

聞かれること

聞かれることはいつどこで、どういった状況で、、などです。残念ながらローカルの警察で英語を話せる方はほぼいないと思ったほうがよいです。もしくは若い警察官の方を待っていると会話できることがあります。私は今回Google翻訳を使って会話しました。旅行者の方の場合は、ツーリストポリスなるものがあるそうなので、Google検索してください。多くの方が細かく記載した記事が御座います。

(動揺で?指が入ってしまってますね。。)こちらが正面の入り口ですが、手続きは全て左手にある自動ドアから入った場所で行いますので、そのまま部屋に入っていきます。そこで盗難証明が必要であると伝えてください。「保険(Insurance)」に必要だと伝えると、慣れた手つきで手続きを進めてくれます。発行そのものは15分もあれば終わりますが、以外と混雑しているので待ち時間が長いというリスクはあります。

ブログランキング参加中、たくさんの方のブログが見れるので是非訪れて見られてください。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

Sponsor