トンロー日本市場 日本生鮮卸売市場に行ってみた

開店直後に行ってみようと思っていましたが、なかなか行く決定的な動機がなく、いけてませんでした。が今回たまたま近くでランチをする機会があったので、寄ってみました!

予想よりもお魚が種類豊富で次は真剣に行ってみようと思いました。(今回は何も買ってません)

トンロー日本市場 日本生鮮卸売市場

場所はこちら

営業時間

  • 専門業者向け:9時〜18時(定休日:火曜日)
  • 一般ユーザー:12時〜18時(定休日:火曜日)

お店をやっていない方は12時以降しか買うことができないようです。

販売食品と店舗内雰囲気

販売している食品はお肉・お野菜・お魚。日本のレトルト品など加工食品は基本置いてません。しかし日本から直輸入しているだけあって、日本からの生鮮食品の種類の豊富さはバンコク一。

まずは外観

お肉売り場

みかわ牛や神戸牛などが店頭に並んでました。価格はそれなりにしてました。

パックでも販売してます。価格はこのパックで大体350〜450バーツ程度。このん霜降りが入ったお肉はバンコクではなかなかお目にかかれませんね。

次に野菜売り場

中には値段が高いものもありましたが、以外に値段はフジスーパーとかわらない程度。しかもフジスーパーでは売っていない野菜たちもたくさん並んでました。

最後にお魚売り場

これが一番興奮しました。こんな見慣れたお魚たちと会えるとは思っていませんでした笑。いつもタイのスーパーに行くと見慣れない東南アジアの魚が多かったので。。。

基本は100g当たりで価格を設定していました。金目鯛だと100g当たり270バーツくらい。結構高いですね。アジ・さばはそこまで高くなかったです。

ハマチ・カンパチ・タイ・秋刀魚など日本人が好きなものがずらりと並んでいます。

隅にはパックに加工済みのお魚も売っています。

家で気合い入れてお魚料理をするときはここで調達しようと決めました。魚をみてワクワクしたのは1年ぶり?かな。

 

ブログランキング参加中、たくさんの方のブログが見れるので是非訪れて見られてください。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

Sponsor