バンコクのタクシー内で落し物した時の対処

最近Youtubeでサラメシを見るのにはまっています。いつかバンコクから投稿してみようかなと企み中の駐妻です。

バンコク在住者がヘビーに使うタクシーですが日本のタクシーのように領収書なんて出ません。そんなタクシーでものをなくしたら?遭遇したくない出来ごとの対応策を書きたいと思います。

タイのタクシー内に落し物をしたらどうすべき、、?

頼る候補先は①ラジオ局②警察です。

1.  ラジオ局(1137へ電話!)

タクシー運転手が聞いている(と信じたい)ジョーソーローイというもので忘れ物の広報をしてくれます。この時点で既に「聞いてなかったり聞いていても無視したら終わりだな」と思ってしまいましたがとにかく信じて待ちます。

聞かれること

1137に電話するとオペレーターの方が出られます。英語で電話できました。車のナンバー(わからなければしょうがないです)、タクシーの色、いつ、どこからどこに乗車したか、何人で乗ったか、何をなくしたか、中に何が入っていたか等。この情報を基にラジオで流してもらいます。

車のナンバーについて

わからないことのほうが多いと思いますが乗ると必ずナンバーが座席の隣に書いてあるので、写真なりで控えておきましょう。控えていなかった場合、今回私が使った手段ですが一番近くの防犯カメラ情報を見てもらい、そこからナンバーを割り出すという手段です。データが長期保存されているとは限らないのですぐに問い合わせることをおススメ致します。

2. 警察

警察に言ってナンバーを伝えたら衝撃、「このナンバー見つからない」と。どうやら警察のシステムに登録していなかったですね。ここで優しく警察官に「こりゃあ無理だな」と言われました。がーん。

タイで落し物を届けるということ

今回このことがあって知ったのですが、タイでは「落し物を届けたら大きなニュースになる」そうです。調べてみると色々なニュースが出てきました。大部分はタクシーの運転手が英雄視されたような報道をされるようです。それだけイレギュラーなことだとは。。

結論として自業自得なので今一度気を引き締めます!信念である「命があればよかった」のポジティブ精神でいきつつ、電話を待ちたいとおもいます笑(諦めてない)

ブログランキング参加中、たくさんの方のブログが見れるので是非訪れて見られてください。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

Sponsor