タイ、スワンナプーム 空港の最新状況(コロナ対策)

タイ、スワンナプーム空港の最新状況(コロナ対策)

タイ、保健省は2月17日に日本の渡航について以下の通り発表しています。

==引用開始==

タイ保健省は,国内での感染例が増加している新型コロナウィルス(COVID-19)に関し,従来の中国,香港,マカオ,台湾に加えて,日本,シンガポールからの渡航者及び過去14日以内にこれらの地域に滞在した渡航者に対して,空港でスクリーニングの対象とすることを決定しました。具体的には,体温が37.5度以上あり,かつ,咳,鼻水,のどの痛み,頻呼吸,呼吸困難のいずれかを伴う症状がある方は,タイ国内の病院においてウイルスの検査を受けていただくことになります。

==引用終了==

日本でもコロナウイルスの感染が広がるにつれタイ政府の対応も変化してきています。

タイから日本への出国

普段との違いは保安検査場に入るところで体温検査が追加されていること、CAの方々がゴム手袋をつけて対応していること、この2点でした。

日本への入国時点で大きな変化はなくアルコール消毒剤が複数箇所に置いてあり殺菌を促している状況でした。

日本からタイへの入国

タイ政府の決定により日本からの入国は検疫強化されており、指定の便に搭乗した場合は入国検査時に体温検査によるスクリーニングを行うそうです。仮に熱などの症状が確認された場合は指定の病院でのウイルス検査となるとのこと。

変化はありましたが国として相当の対応だな、という印象。何よりもPM2.5がどんなに酷くてもあまりマスクをつけていない印象のタイの方々、コロナ対策で一気にマスク着用率が上がった気がする。これ以上感染が広がらないことを願いつつ空港や様々な場所で対応に当たられている世界中の方々を尊敬する日々。

 

 

 

Sponsor