【Tibet Kitchen】モモが美味しいチベット料理屋さん@Sukhumvit22

EAT

初めての味を楽しむのが好きな私、人生初のチベット料理に挑戦してきました!

店内は綺麗で、店員さんのサービスもよく、味も美味しかったので興味がある方には是非一度行って欲しいお店でした。

【Tibet Kitchen】モモが美味しいチベット料理屋さん@Sukhumvit22

【Tibet Kitchenへの行き方】

スクンビット界隈から行く場合はプロンポン(エンポリアム側)からタクシーに乗っていくのがいいと思います。

Soi24を南下して途中で右折し、Soi22に入った角、進行方向に向かって右手側にお店があります。(TKの看板が目印)

【Tibet Kitchen】店内の様子

店内席はソファ席とテーブル席。ベビーチェアはありませんでしたがソファ席が豊富にあるのは嬉しい。

店内にお手洗いもありますがおむつ交換台はありません。土日のお昼時に予約なしで行きましたが我々以外のお客さんは1組でしたが、フードパンダやデリバリーのオーダーはかなり入っていました。

【Tibet Kitchen】のメニューとお料理

モモ(チベットの蒸し餃子)がこのお店の看板メニューの1つで種類が豊富でした。

写真付きがおすすめメニューだそうです。

やっぱりここではモモを色々頼むのが正解な気がする!

Chowmeinという素麺とうどんの間のような麺も頼んだのですが、これも初めて食べた味。

ドリンクはチャイティーをオーダー、食事前だったので砂糖なしでお願いしました。

ポークのモモと店員さんおすすめのパプリカとコーンのパイ包みのようなもの。

モモは小籠包と焼売の間のような、でもスパイスがちょっと効いていてこれまた初めてのお味。パイ包みも癖になる味!

チキンのチリソースとほうれん草とチーズのモモ。

チリソースは結構辛めでしたがやみつきになりました。モモはチーズがカッテージチーズのような感じでクセがなくこれが一番好きだった。

卵とチキンのChawmeinは優しい味で子供が一番食べたのはこれ!

食後にラッシーを頼みました、インド料理で飲むような濃厚なラッシーというよりあっさり、食事時に飲む感じ。

初めて「塩」のラッシーを見たのでお塩控えめでお願いしましたが無糖のヨーグルトを飲んでいるようでこれも初のお味。

子供にヒットしてました。

オーダーからサーブまでの時間も10分ほどで店員さんの対応やサービス(子連れだったので「これは食べれるよ、食べれないよ」とアドバイスしてくれたり、ドリンクの甘さを調節してくれたり)も良くて大満足!

これだけ食べて税サ込みで1,400THB(チャイティー、ラッシーはみんなでもう1杯ずつ飲んでます)という良心的な価格でした。

今度またフードパンダしたいし近くに行く時はまた立ち寄りたいなと思うお店でした。

 

Sponsor