バンコクの不動産事情(賃貸編)

最近バンコクには「こんなに住む人どこにいるんだ?」と聞きたくなるほどコンドミニアムが乱立しています。コンドミニアムは賃貸と売買がありますが昨今の住宅事情を不動産屋さんに聞いてみました。

バンコクにはコンドミニアムが乱立中!なんで値段が下がらないの?

経済産業省のHPによると2017年の人口は約6,900万人。人口成長率は0.3%、今後も2030年ごろまでは人口増加傾向予想となっています。ただし人口ピラミッド的には少子高齢化が進んで行く予想です。人口増加予定と言っても高層マンションのコンドミニアムが乱立するほどの成長速度ではないですよね。。不動産屋さん曰く「日本のバブル崩壊のような経験をしたことがない国だから、このまま上がり続けるとおもっている」だそうです。なるほどな、、タイは贈与税がないので富裕層の方々はずっと富裕層経験しかしていないんですよね。そしてお金はたまる一方。そりゃ数年前に比べて価格が高騰している不動産に現金資産を使おうと思うか。と納得しました。

賃貸マンションの価格帯も下がる傾向にはなく、むしろ強気なところは年数が経ってもあげてくるところもあるほど!

単純に「こんなにコンドミニアム経ってたらあのマンションやすくなってるかな?」と期待したところも全くさがっておらず。笑 もちろんオーナーさんとの交渉次第で価格を下げることはできますが市場としてはそんな雰囲気にはないとのことでした。ちゃんちゃん!

Sponsor