離乳食作りに便利、BEABAの使い方!

離乳食製造が始まってすぐ、便利そうなものに出会いました!

それが、フランス発の離乳食メーカー、BEABA(ベアバ)

離乳食作りが始まってから、調理器具に悩んでいました。少ししか食べない離乳食だからこそ、栄養素を残すことにこだわりたくて、最初は無水フライパンを試すも油を引けないので離乳食作りに向かず栄養素が出来る限り残せる方法って何かなーと思っていたら出会ったのです。

離乳食作りに便利なアイテム、BEABA(ベアバ)の使い方

栄養価を保つスチーム機能

一番気に入ったポイントは栄養価を残せること!ブロッコリーのビタミンCは、茹でた場合はわずか30%しか残りませんが、スチーム料理であれば84%残すことができます。またスチーム調理で出る調理液は野菜の栄養素が溶け出しているので栄養たっぷり。スープや、蒸した食材に加えてペーストにする用途に使えます。

BEABAの5つの機能

蒸すだけなら他の調理器具でもできますがこれに加えて一台で5つの調理方法ができます。①蒸す ②刻む ③混ぜる ④解凍 ⑤あたため!これでわかるように離乳食作りだけでなくて毎日の食事作りにも使えます。我が家はかぼちゃスープを作る時、ドレッシングを作る時にもフードプロセッサーの要領でBEABAを使っています。

BEABAを使って調理してみた

今日は「さつまいも」。ドン・キホーテで調達した紅はるかです。

一度に入れられるお野菜は300gまで。子供が1歳4か月になったので大きめのいちょう切りにして、バケツにイン。

ここに水を入れてボタンをポチ。これで勝手に蒸してくれるのです。

光っている間は調理中。蒸し上がったら音がなるので蓋を開けて栄養素の溶けだした水分を他の容器に移して我が家は味噌汁などの出汁に使います。

ツマミをひねったらブレンダーが作動し、目指す硬さで止めればおしまい!

今回はさつまいもだけを蒸しましたが様々な食材を一気に蒸して、ちょっとブレンドすれば具沢山スープにもなります。

かぼちゃを蒸して、マッシュして、さらに片栗粉を混ぜて焼けば手づかみ期に重宝するおやきにも!1歳4か月の今でもまだまだ大活躍中です。

BEABAのお手入れ

お手入れも簡単、刃を取り外して洗うだけ!

BEABA、いつまで使える?

購入する前、いつまで使えるかな?と不安に思っていましたが1歳4か月でも週に数回使っています。特に野菜を蒸すのは毎回BEABA。ストック作りするときも鍋とBEABAの両刀使いでやると一気に終わるので重宝しています。

BEABAを使ってみた感想

勝手に蒸してくれるのでその間に大人の料理を作ることができてとにかく楽でした!火加減を気にしたり、蒸しすぎや水分不足を気にする必要がなく、放置していれば蒸しあがるところがお気に入り。これまで電子レンジで蒸していた自分のおやつのサツマイモもこれで美味しく蒸しあがったものが食べられます。笑 1歳でも離乳食ってことは最低でも後6か月×30日×2回分=360回分の食事。3回食も始まればもっと離乳食を作る機会があるのでより楽にして、自分も楽しく離乳食を進めていきたいです。


BEABA(ベアバ) ベビークック 離乳食メーカー/グレー

 

ブログランキング参加中、たくさんの方のブログが見れるので是非訪れて見られてください。

Sponsor