コロナ自粛を経て子供に起きた変化。(睡眠編)

コロナによる自粛を2か月してきましたが子供の睡眠に変化が起きてきたので書いておきたいと思います。それは昼寝がとんでもなく短くなった!です。

コロナ自粛を経て子供に起きた変化。(睡眠編)

コロナ感染を防ぐ最大の策、STAY HOME。人と人が会わず、菌を移さなければコロナ感染者数は減る、ということで2か月間STAY HOMEしてました。そうすると家で過ごすわけでもともと毎日朝9時には家を出て外で遊んでいた我が子にとっては大きな変化だったようです。

結果として昼寝、合計の睡眠時間が短くなりました。

1歳半の理想の睡眠時間

1~2歳児さんまでは理想の合計睡眠時間は大体11時間〜14時間とされてます。我が家は割とこの理想の睡眠時間平均を推移し続けているので今の理想は12時間ぐらい。

自粛前の睡眠(1歳半の睡眠時間)

夜は19時就寝、朝は6時前就寝の大体11時間、昼寝が1時間半でトータル12時間半。

自粛期間開始後の睡眠(1歳7か月の睡眠時間)

夜の就寝時間に大きな変化はないものの、昼寝が30分になりました。

これをやってしまうと夕方には疲れてぐずぐず。こちらもなんとか寝せようとするし子供もウトウトはするのですがしっかり眠れず。。やはり活動量ががくんと減ったので昼寝がしっかりできない様子。解消法としては人のいない時間に朝早く外に連れ出して遊び、ちょっと昼寝の時間を遅らせる、(夜の寝る時間が遅くなるので微妙)家の中でできるアクティブ遊びを増やす、程度しかないのです。。

知らず知らずに我慢をしている1歳児にももう少しの辛抱だよ!と伝えながら、大人もその言葉が現実になることを願うばかり!

おまけ

こう書くととてもよく寝る子に見えますが19時から6時までの間に1度は必ず起きてお茶か母親を探し求めて泣きます。泣くと言ってもうだうだ言ってる、程度なのですがいつの日か「朝までぐっすり寝る」日が来ることも今の楽しみ!笑

Sponsor