【バンコク/バイリンガル幼稚園】Kids’ Academy

バンコク、バイリンガル幼稚園見学、今回はエカマイソイ2にある【Kid’s Academy】に行って来ました。

12月10日まで入園金(4-5万バーツ)無料キャンペーン中なので気になる方はプレイグループや見学に行ってみるのがオススメです!

見学予約はこちらにメール(日本語)<sensory@kidsacademy.ac.th>

【Kids’ Academy】の構成と特徴

こちらの園はインター部とバイリンガル部から構成されています。今回はバイリンガル部の授業内容を中心に書いていきます。

個人的に感じたKids’ Academyの特徴:午前午後で日本語/英語の使い分けが行われておりイマージョン教育の1種を取り入れている

但しバイリンガル部の園児さんはほぼ日本人なので園児同士の会話は日本語で進むことが多く(英語の強制はしていない)日本語の基礎をつけながら英語にもしっかり触れ合える園という印象。

  • バイリンガル部の園児さんはほぼ日本人、インター部の園児さんは日本人数名。
  • ICUの担当歴のある看護師さんが常駐、保健室がありエピベンを含め園内での応急処置が可能。
  • 同じソイに園舎が2つあり、どちらも園庭が広く思いっきり身体を動かせる、毎日身体を動かす時間が設けられている。
  • PM2.5の計測機を園舎に設置していて数値によって外遊びの時間を変えたり、禁止している。
  • どちらの園舎にもプールがあり園内でプールの授業がある。
  • アレルギー対応ありの給食
  • PreKの場合アフタースクールなしの授業時間が13:00までと短い(K1からは14時)
  • PreKの場合アフタースクールを取っても(13:50まで)お昼寝時間がないので月齢が小さい場合は子供のお昼寝必要度を要検討すべき

Kids’ Academyの園内の様子

見学の日は外遊びをされているお子さんが多く園庭の写真が部分的にしか撮れていませんがどちらの園舎も園庭は広いです。

こちらは園庭とは別のスペースで外での授業に使われるスペース。

プールもPre-Kさん用とそれ以上用とありました。

また園内、教室の中も綺麗で整理整頓されていました。

【Kids’ Academy】のカリキュラム

こちらはPre-Kさんのカリキュラム。午前、午後で使用言語が分かれています。

この日は英語が午前、日本語が午後ですが逆の日もあるので外遊びが日本語で行われる場合もあります。

テーマ活動、とはお絵かきや制作、日本の行事などで時期によって内容は変わるそうです。(年少さんからはひらがな、数、お絵かきなども加わってきます)

正直お昼寝があればもっといいのに、、と思いました。このスケジュールだと家に帰ってお昼寝になるので昼寝が遅くなってしまう。かといってPre-K(1歳半から3歳ごろ)だとまだまだお昼寝しますよね。

サークルタイムあたりで我が子は寝落ちしそうだな。笑

【Kids’ Academy】の料金

2021年度は2020年度の料金据え置き、だそうです。

入園金(Pre-K) 40,000THB
入園金(K1以上) 50,000THB
一時預かり金 10,000THB

保育費とスクールバス費は月払い(8月を除く11ヶ月)/学期払い(3学期制)/年一括払いで料金が変わってきます。(月払いで払うと年間払いより結局高くなる)

授業/給食/雑費 バス代
Pre-K(5days)/月払い 32,790THB 6,870THB
Pre-K(5days)/学期払い 109,300THB 22.900THB
Pre-K(5days)/年払い 313,335THB ※学期払い

制服代

男の子 1,540THB
女の子 1,195THB

※年少(K1)以上は図書バック350THBも必要。

課外授業

課外授業(サッカー、フィットネス、スイミング、バレエなど)の学期料金 5,500-7,000THB(1科目/週1回)
日本語集中クラブの学期料金(Pre-Kのみ) 25,000THB(週5)
英語/日本語 プライベート 10,000THB(10回分)

 

サマーキャンプ、ウィンターキャンプも開催されていて今年のウィンターキャンプ料金1週間9,700THB(9:00-14:00)だそうです。

こちらがKids’ AcademyのHPです、年少さんまではDiscovery年中さんからはSensoryで活動しているようです。

園庭の作りが素晴らしいのでぜひ一度HPも覗いて頂きたいです。

 

Sponsor