タイ生活でエアコンが故障。

  • 22/02/2019
  • 28/01/2020
  • LIFE

もうすでに30度を超えるタイ、バンコク。この国で必須の電化製品、エアコン様が故障しかけています。

タイでエアコンが壊れたら?

症状としてはエアコンの左下から水が滴り続ける。それ以外は不具合なし(現状)。なので本格的に壊れる前にと思い不動産屋さんに連絡し修理業者を手配してもらいました。実は以前もエアコンの不具合があって、同じ修理業者に来てもらった過去があり、その際に業者さんから連絡先を受け取っていました。その経緯もあり、今回は一度直接修理業者に連絡していたのです。しかし!予定の時間になってもこない。タイあるあるが発生しましたが「道路混んでんのかなー?」と思い外出の予定をずらして待つ事4時間。結局来ませんでした。笑 謝罪もなく「とにかく行けない」と言われたのでそこで反論はせずそっと電話を切り不動産屋さん経由連絡を再度入れたわけです。これからは不動産屋さん経由にしようと固く誓った出来事でした。

次は時間通りむしろ少し早めに訪問してくれました。状況を確認して「電話してくる、また戻って来る」と言われたので待っていたのですが2時間待ってもこず。笑 もうあまり動揺しなくなったのでいいんですけどね。エアコン業者さんと同時に他の業者さんも呼んでいたのでその場にいた日本語が話せるタイ人とタイ語が話せる日本人の人に通訳までしてもらったのに。再度不動産屋さんに連絡したとことその日の結論としては「今日は状況の確認だけしてオーナーに報告する」とのことでした。エアコン全く触ってなかったし、開けてもなかったけどあの方エスパーなのかしら、と思いつつオーナーの来訪を待つことにします。

タイ生活において家具は基本的にオーナーさんからの借り物です。従い故障すればオーナーへの連絡が必要になります、そうでないと退去の時に揉めるでしょうね。久しぶりにタイに戻ってきて「あ、こんな感じだったな」とリハビリできた出来事でした。

あとはオーナーさんが「我慢しろ」なんて言わずに直してくれますように。

Sponsor