真冬の日本から夏のバンコクへ移動、ベビー服の調達方法!

  • 21/02/2019
  • 28/01/2020
  • BABY
  • 180回
  • 0件

とにかく着替えの多いベビー。洋服の調達に若干苦労しました。日本は真冬なので店頭に夏物は並んでおらず。事情を話して奥から出してもらってもラインナップはかなり限定的。そんな時にお世話になったのがUNIQLOのネット通販とGAP様です。

UNIQLO、GAPは安定感がすごい!

季節ハズレのアイテムを買うのに重宝するのがUNIQLOのWEB SHOP。店舗には長袖肌着やフリースパジャマが並んでいましたがネットでは夏物も買えちゃいます。そしてカテゴリ分けが見易い!お値段もお手頃で物もよくて材質含め細かい情報まできちんと記載されているので安心感があります。

こちらでエアリズムを調達。そして実店舗でお世話になったのはGAP!やはりまだ見たこともない我が子のベビー服を考えるってなかなか難しく、GAPにふらっと寄ってみたらスーパーアドバイザーにお会いすることができました!(勝手に呼んでいるだけで店舗にいらっしゃるわけではありません。

GAPの下着は可愛い、お手頃、しっかり!

最寄りのGAPに行きふらふら見ていましたがイマイチいいなと思うものを見つけられずしょぼんとしていました。すると妊婦さんに的確なアドバイスをするお姉さまを発見。頃合いを見計らって話しかけてみたら、魔法のように魅力的な商品が出てきました!子育ての大先輩だったこと、かなり接客歴が長い(予想)ことから「そうそう!そんなのが欲しいんです!」と思う商品をバシバシお勧めしていただきました。しかもセール中だったので超お得に手配できました。具体的に買ったものはこちら。

ボディスーツ:季節を問わず半袖が販売されていました。

ノースリーブワンピース:これも季節を問わず少し置いているそうです。

レギンス:フルレングスのものだけでなく7部丈もありました。

もちろんシーズン真っ只中と比較すると商品ラインナップは少ないですがシンプルな着回せるアイテムが豊富にあった、サイズ感や質感を見て購入できた、ネットで買うには心配な情報を専門家?から得ることができた。と、いいことづくしで産後ネット通販にお世話になりっぱなしだった私も「実店舗ならではの良さ」を痛感しました。

タイで洋服が買えないわけではないのですが為替気にしたり、そもそも出かけるのが暑かったり、新生活に慣れたいのに必要アイテムを揃えなければならないプレッシャーから逃れたかったので日本で準備しましたが結果的になんだか楽しいお買い物ができて大満足でした。笑

店員さんとの距離感って難しくて、話しかけないでほしいな。って時もありますが会話がはまったり、オススメしていただいたものがツボにはまる出会いがあるとその日1日なんだかハッピーです。

Sponsor